​idea actors schoolの理念

 

演技というのは

詰まる

「役としての存在を意図的に生きることだ」

と言える。

ならば 俳優には

 

人間を構成する要素を分解し

 

意図的に構築する能力が必要だ。

 

 

あらゆる人格を構築する材料は

 

自分の中に全て見つけることができる。

 

見つけるためには 心をさらけ出すことだ。

 

さらけ出すとは

 

認めること・受け入れること・解放すること

 

 

​idea actors school は

 

自分を知り

 

自分を解放することができる場所である。

 

だが、解放は始まりにすぎない。

 

 【俳優修行=人間修行】

 

 世界で通用する俳優を育る。

 

イデアとは、

「正に、それであるところのそのもの」

である。

 

【ideaの語源】

われわれの肉眼に見える形ではなく、❝プラトンは、イデアという言葉で、

言ってみれば〈心の目〉〈魂の目〉によって洞察される純粋な形、

つまり「ものごとの真の姿」や「ものごとの原型」に言及する。

 

我々の魂は、かつて天上の世界にいてイデアだけを見て暮らしていたのだが、

その汚れのために地上の世界に追放され、肉体(ソーマ)という牢獄(セーマ)に押し込められてしまった。

 

そして、この地上へ降りる途中で、忘却(レテ)の河を渡ったため、

以前は見ていたイデアをほとんど忘れてしまった。

 

だが、この世界でイデアの模像である個物を見ると、

その忘れてしまっていたイデアをおぼろげながらに思い出す。

 

このように我々が眼を外界ではなく魂の内面へと向けなおし、

かつて見ていたイデアを想起するとき、我々はものごとをその原型に即して、真に認識することになる

 

つまり、真の認識とは「想起」(アナムネーシス)にほかならない、と言うのである。

 

二元論想起説が導入されることでプラトンの哲学は、劇的な展開をとげ、強固なの立場となった。

愛知そしてphilosophia(=)とは「死の練習」なのであり、真の philosopher(愛知者)は、

できるかぎりその魂を身体から分離開放し、魂が純粋に魂自体においてあるように努力する者だとした

 

この愛知者の魂の知の対象が「イデア」である。

 

イデアは、それぞれの存在が「何であるか」ということに比較して、

「まさにそれであるところのそのもの」を意味する。wikipediaより