​名言集

神経シナプスの連携が、

人並以上に張り巡らされていることや、スムーズである分野が、

 

その人の個性と呼ばる。

 

もしその個性が金になる、もしくは、その可能性が見出された時、

 

個性は才能と呼ばれる。

 

もしその個性に、希少性が見出された時は、

 

その個性は、魅力と呼ばれる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

俳優の仕事は、

 

人を感動させることではない。

 

自分が感動することだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

演技に、正解があると思ってるなら、うまくはいかない。

 

全ての表現は、いかなる理由、状況があっても、

 

100%その人独自のオリジナルだ。

 

いかなる場合でも、正解はない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分が手に入れたい感覚的理解は、

 

結果ではなく、プロセスにコミットすることで得られる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

目標は、

行動のエネルギーを生み出す起爆剤であってそれ以上ではない。

 

達成したら幸せになれるもの、

達成できなければ、だめ人間ではない。

 

目標や結果だけに注意を集中してるだけでは、

本当に求めるものは得られない。

 

うまくいく時というのは、

 

過程、今この瞬間を満喫することが、

 

実は求めている結果そのものだったと気づいた時だ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

役たちが生きている人生が、物語の中で輝くとき、

 

役に共感してる観客の人生も、同時に肯定される。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

善と悪。男と女。愛と恐れ。生と死。美しさと醜さ。

 

ドラマは、対応する二極の交わりの中で、生まれる。

 

矛盾こそドラマの本質である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

楽しんでる人間は、

 

競ってない。焦ってない。恐れてない。戦ってない。

 

無目的。無制限。無限大。無敵。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

気づいたら世界は存在していて、

 

当たり前のように自分の人格を受け入れてきた。

 

この時代、この国で生まれて、こんな顔で、

 

こんな性格や哲学や欲望を持った自分があって、

 

その視点で世界を見ている。世界を生きている。

 

世界と自分は、常に相互に作用していて、

 

私はその全てに気づいている。

 

不思議だ。なんて不思議なんだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

創造とはないものを作り出すことではない。

 

すでにあるものと一つになることで、

 

目に見える形に変換することなのだ。

 

芸術は、深い喜びの流れと一つになっている時生まれる。

 

悠然と佇む世界の美しさと一つになっている時生まれる。

 

芸術は、憧れの対象になることで、新しい芸術を生み出す。

 

それは、飛び移る火のようだ。

 

芸術は、見出されることによって、現れる美しさ。

 

それは、一切の制限を受けない水のようだ。

俳優は、存在の芸術。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

センスとは、適切な情報を検索するセンサーです。

 

笑い、デザイン、音楽、演技、

様々な分野があれど、

 

その分野において、これだ!

 

という感覚を探し続ける情熱に呼応して、

本能が作り出すセンサーなのです。

 

センスが高い人。というのは、

 

センサーが細胞に染み付いていて、検索スピードが早い。

 

そして検索できる情報量(知識)が豊富な人です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

個人の主観的体験を通して客観的体験まで行き着くことが、

俳優における、人間の心理から真理へと向かう旅なのである。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『真実の感覚』とは、

想像の世界と現実の世界の間にあるギャップを感じ取り、

それを補正していく力である。

才能のある俳優はこの力が強い。真実の感覚に優れているのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー