目的意識というジレンマ

『目的意識というジレンマ』

目的意識というのは、

多くの場合、不足感をベースとした必要性から、生まれている

〇〇を達成するためには、□□する必要がある

だから□□しなければならない。

なぜ〇〇を達成する必要があるのか

〇〇を達成しないと、だめだ、不幸だ、足りない

つまり、その無価値感、無力感、不足感を払拭したいわけです。

目的意識が、それらの感情と結びついているため、

目的のために、努力すれば、するほど、それらの感情を強化するのです。

目的の対象に集中するとこで、不足感などにアクセスする回路が非常に強固になっている。

何かのきっかけで、目的や、~しなければならない

という観念を刺激すれば、不足感などにアクセスしてしまう状態。

つまり、幸せになりたくて、努力するのに、

結果、不足感、無価値感、無力感の回路を

強固する。

目的意識、努力と呼ばれる行為は、その目指す所と結果が反対になるという点において、非合理的である。非合理的行為を続けることは狂気的である。

狂気とは歪んだ合理である。

演技訓練に、気合を入れて、目的意識を持って、

臨むたびに、無価値感に類する感情にアクセスする

ために、うまくいかない状態が続く。

目的意識問題は、全人格的問題である。

不安から行動するのか、情熱に従っているのか。

では、不安を持っていたら、演技はできないのかということではない。

自分が何に注意を集中するのか明確にすることが重要です。

演技訓練の段階でこれは何にフォーカスするべきか、について熟考することが

有効である。

では何にフォーカスするべき何か。

これについては別のブログにて♪

坂口剛

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索