「ああ、素晴らしき哉 インプロビゼーション」