「ああ、素晴らしき哉 インプロビゼーション」

「ああ、素晴らしき哉 インプロビゼーション」

お互いなんの偽りもなく語り合えたら

どんなに素晴らしいだろうと思う。

相手に対して気遣いも遠慮も言葉もいらない

いい表現しなくていいし、変性意識や、特別な意識、感覚になる必要もない。

しなくちゃいけないこともないし、

急ぐこともない。関わらなければと思う必要もない。

本当は、僕らは、人と関わりたいと思うのが自然だから。

世界に1人になったら生きる意味はないだろう。

どんな関係でもいい。

何の偽りもなく相手と関われるなら

ただそれだけで、

素敵なことではないだろうか。

人と人の関係の中で、お互いなんの偽りもなく交流できるなら、愛を感じることができると思う

人は様々なニーズを持って生きているけれど、自分らしく人と関わり、寄り添って生きたい

愛情を感じたいし与えたい、これが人の最も強く、深い欲求だと思う。

ありとあらゆる自分自身を、知りたい、感じたい、表現したいそう思う二人対峙する。

お互いがお互いを映す鏡となり、瞬間、瞬間に移り変わっていくエネルギーのダンス。

まるで、人間の様々なエッセンスが溢れ出るカラフルなコラージュさながらの、独特な空間が創造される

それがインプロビゼーションなのだ。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索